まるまる住まいは、地域の住まいにまつわる情報を提供し、ご案内するサービスです。

ヘッダー1 ヘッダー2 ホーム 新築・リフォーム ライフライン・住まいのトラブル 暮らしに便利 リビング用品・修繕

住まいの防犯に関するマメ知識

泥棒の心理

防犯対策

泥棒の侵入手法

泥棒の心理

泥棒が入りやすい家とは?

1.人通りが少なく、人目に付きにくい家。
 泥棒がもっとも気にするのは「人の目」です。明かりや見通しを確保する工夫をしましょう。

2.入りやすく逃げやすい家。
 モノを盗って逃げるまでが泥棒の仕事。入りにくいお宅や逃げにくいお宅に入るくらいなら他をあたるでしょう。

3.留守の家。
 圧倒的に留守中に犯行は行われます。外から留守と判断されにくい工夫や、留守時の戸締りをしっかりしましょう。

防犯対策 » 防犯エクステリア対策

「泥棒の心理」トップへ

犯行にかける時間は?

犯行時間は約半数が5分以内、ほとんどが10分以内に行われています。

侵入にかける時間もおよそ6割が5分以内。8割が10分以内です。
それ以上掛かるようだと諦めるようです。

防犯対策 » 錠前の対策

「泥棒の心理」トップへ

主な侵入経路は?

1.窓ガラス
2.無戸締りの窓、ベランダ、勝手口
3.合鍵を探して

防犯対策 » 格子

「泥棒の心理」トップへ

犯行時間は?

AM10:00-PM1:00
PM1:00-PM4:00

「泥棒の心理」トップへ

泥棒の服装は?

ネクタイスーツの会社員風
作業着の業者風
普段着

防犯対策 » ご近所のコミュニケーション

「泥棒の心理」トップへ

防犯対策

防犯対策 - 防犯エクステリア
・ フェンス:

高い塀や生垣は一度侵入してしまえば通行人や外から見えなくなってしまうため、防犯上好ましくありません。
見通しがよく、足がかけにくいデザインのものがお勧めです。

「防犯対策」トップへ

・ 門扉:

選ぶポイントは見通しの良さ、そして足がかけにくく、手を入れて裏から開錠出来ないようなデザインのもの。

「防犯対策」トップへ

・ 常夜灯・センサーライト:

泥棒は暗がりを好み、人目を気にする為、灯かりを確保することが大切です。

「防犯対策」トップへ

・ 防犯カメラ:

心理的に入りにくくさせる。

「防犯対策」トップへ

・ ポスト・インターホン:

これらも防犯タイプのものを選びましょう。
インターホンはテレビドアホンが基本です。

「防犯対策」トップへ

・ 足場:

侵入経路となる窓やベランダ、二階へと繋がるようなところに足場になるような室外機、洗濯機、自転車などを置かないようにする。

「防犯対策」トップへ

錠前の対策:

ピッキング・サムターン回し・カム送り開錠などへの対策。

「防犯対策」トップへ

補助錠:

扉や窓に取り付けるだけで、単純に侵入時間を稼げます。
さまざまな侵入手法に対し、簡単で効果的な装置です。

「防犯対策」トップへ

格子:

大半の侵入経路は窓。
格子もアルミタイプは簡単に外せます、鉄格子で接続部のねじ山を潰すなどして侵入に時間が掛かるようにしましょう。

「防犯対策」トップへ

防犯フィルム:

窓を破ってクレセントを開錠するのを防ぐ。
対策をしているのが分かるため、心理的な防犯効果も期待できる。

「防犯対策」トップへ

戸締り:

単純なことですが、無戸締りによる侵入が多いのです。外出時はたとえ短時間であったとしても「きちんと戸締り」をしましょう。

「防犯対策」トップへ

ご近所のコミュニケーション:

犯罪者は人目を一番気にします。
日ごろから声をかける習慣があれば、未然に犯罪者の侵入を防ぐことができます。
本物の営業マンや作業員なら、しっかりした答えが返ってくるはずです。

「防犯対策」トップへ

泥棒の侵入手法

ピッキング

ピックとテンションという特殊工具を使い、正式な鍵が差し込まれている状態を再現する事で開錠操作を行う手法。
通常の開錠操作と同程度の音しか発生しない。

防犯対策 » 
ピッキングに強い鍵に交換する。
防犯性が高いと認定されたCP認定錠やCP-C認定錠。
But:ピッキング対策をしてもサムターン回しやカム送りには別の対策が必要。

「泥棒の侵入手法」トップへ

カム送り解錠

鍵穴を使用せずドアのカムを、針金などの工具で押し込み直接錠の本体(ケース)の危険部位を攻撃し、ほぼ無傷でロックを開錠してしまうという手法です。
別名:バイパス解錠。

防犯対策 » 
メーカーの対策パーツの装着、又はカラー部分の固定。
該当危険機種以外は問題ない。

「泥棒の侵入手法」トップへ

サムターン回し

ピッキングが鍵穴に対して行われるのに対し、ドアにドリルをあけるなどして工具を差し込み、内側の鍵のつまみ「サムターン」を回して開錠する手法。

防犯対策 » 
サムターンカバーやサムターンストッパーを装着する。
補助錠も効果的。

「泥棒の侵入手法」トップへ

破錠

錠破りとも言われるが、鍵そのものをドリルやバールなどで破壊して侵入する手法。

防犯対策 » 
鍵そのものを破壊されてしまうので補助錠などで時間を稼ぐか防犯センサーで威嚇する。
ドリリング対策シリンダーに取り替える。

「泥棒の侵入手法」トップへ

三角割り

ガラス窓のクレセント部分を、ドライバーで三角状に割り侵入する手法。
小さい道具で短時間で可能。

防犯対策 » 
防犯フィルムやクレセントロックが有効。

「泥棒の侵入手法」トップへ

焼き破り

火力の強いライターを使ってガラス戸の一部に穴を開けて侵入する手法。
時間は掛かるが音が小さい。

防犯対策 » 
通常の防犯フィルムは溶解の危険があるので、ポリカーボネイト系の防犯フィルム又はステンレス製のサッシロックやクレセントロックが有効。

「泥棒の侵入手法」トップへ

当たり行為

留守の確認で、主な方法は「ピンポンダッシュ」や「電話」「投石」などがあります。

防犯対策 » 
防犯対策をしている事をアピールして心理的威圧をかけることが有効。
防犯センサー・カメラなど。

「泥棒の侵入手法」トップへ

マーキング

メーターや玄関、電柱などに印をつけて下調べの情報、個人情報などを知らせる行為。

防犯対策 » 
見かけないマークや記号が書いてあったらすぐに消す。

「泥棒の侵入手法」トップへ